リフォームで理想の住まいにしよう!口コミで人気のある、東京のリフォーム業者をおすすめ形式でご紹介しています。

一般的なキッチンリフォームの費用相場

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/08/20

キッチンを長年使っているとリフォームを考える機会もあるでしょう。しかし、費用の面でなかなか踏み出せないという方も多いようです。施工にはどの程度の費用がかかるものなのか、まずは相場を知ることから始めてみるとよいでしょう。ここでは東京における費用の相場と、安くするためのポイントについてお話しします。

キッチンリフォームの費用相場はどのくらい?

東京のキッチンリフォームの費用相場ですが、全体的に施工する場合は50~150万円程となっています。金額の幅として最も多いのが50~100万円、二番目に多いのが50万円未満、次に多いのが100~150万円というデータがあります。

費用は、新しく導入するもののサイズや性能をどの程度にするのかというグレードによっても変わりますし、床や壁紙の張り替えの有無および範囲によっても大幅に変わります。1階から2階へキッチンを持っていきたいといった場所の移動もキッチンリフォームになるのですが、その際は水道やガスの配管工事も必要なので、200~250万円以上かかることもあります。

また、特注品や高級品を選んだ場合や広い範囲の内装補修が必要であれば、300万円以上になることも頭に入れておきましょう。ちなみに価格帯別の目安ですが、東京を例に挙げていえば、比較的安い30万円以内の内容はコンロやレンジフード、食洗機の交換や設置といったものになります。50万円以内となると部分的な工事が可能となるため、コンパクトなミニキッチンであれば交換も可能でしょう。

壁付けタイプのI型や対面式のL型の向きを変える、ペニンシュラ型やアイランド型にする場合は、100万円前後は用意しておく方がよいでしょう。オーダーメイドやオリジナルデザインならそれ以上になることもあり、この場合は部材のグレードによって費用は変わります。

費用を抑えるために気を付けたいこと

当然ながらリフォームは新築とは違います。今使っているものを新しくするものであり、よりよくするために行われます。そのため、単に交換するだけでは事足りないこともあり、補修が必要となることもあります

とくにキッチンは水回りなので、床板の傷みなどが起こっていることもよくあります。床板をはがしてみなければわからないことなので、実際に着工してから追加工事が必要となることもあります。そのため、見積もりを完全に信用することはあまりおすすめできません。

依頼する側は追加工事が発生する可能性もあることを充分に理解し、事前に確認しておくことがトラブル回避のコツです。追加費用が発生する場合にはきちんと報告してもらうよう伝えておくことが大切です。

また、ありがちなのがリフォームのイメージがふくらみ、せっかくだからこれも付けたい、あれも付けたいとオプションが増えていくことです。より理想的にしたいのは理解できるところですが、予算と相談しなければ後々の支払いが厳しくなってしまいます。リフォーム会社がサービスの範囲内でやってくれることもあるのですが、基本的には費用が発生するため、その点を忘れてはいけません。

さらに、ガス工事や排水管の交換、電気周りの作業はリフォーム会社ではできないこともあり、外部の専門会社に委託することもあります。その場合は5~20万円ほど上乗せになることもあるので、この点も見積もりの際にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

手頃な費用でリフォームをするためには

キッチンリフォームは決して安い契約ではないため、できるだけ費用を抑えたいと思うのが普通です。しかし、実際に見積もりを依頼し、プロを目の前にして値段の交渉をするのは気が引けるのではないでしょうか。

そのため、見積もり書に対して値段を下げてもらうのは難しいといえます。その分、見積もり書が完成してから大幅に値下げをする会社は信用しない方がいいのかもしれません。優良な会社でも値引き交渉に応じてくれるところもありますが、大抵の場合はキッチン自体のグレードを下げるか施工範囲を削るという方法になるでしょう。

見積もりの際に出せる予算を伝えておくと、理想を最大限に生かしながらも予算内で抑えることができる最適な提案をしてくれます。キッチンのグレードは変えずに床や壁、天井の施工範囲を調整する、標準品を利用するなど、プロならではの要望に見合った案を考えてくれるでしょう。

東京などの大都市にはリフォーム会社がたくさんありますが、それぞれの会社には得意分野というものがあります。キッチンなど水回りを中心に施工している会社は、キッチンの仕入れ値を安くできることがあり、その関係で費用を下げることができます。

また、営業と実際に施工する会社が違うところはリフォームを外部に丸投げする分、高くなりやすいです。2次請けや3次請けになっているところも高くなります。リフォーム会社選びは費用を左右することがあるので、じっくりと検討しましょう。

 

キッチンリフォームの内容は幅広く、多岐にわたるため夢や可能性が広がります。必ず成功させるためにも理想と施工内容、予算を天秤にかけ何を優先して何を削るかをしっかり考えることが大切です。そして、適切な会社を選ぶことでよいリフォームを手頃な費用で行うことも可能になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧