リフォームで理想の住まいにしよう!口コミで人気のある、東京のリフォーム業者をおすすめ形式でご紹介しています。

リフォームの補助金とリフォーム優遇制度とは

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/20

東京で不動産のリフォームを行う場合に利用できる優遇制度は、補助金と優遇税制の2種類があります。補助金は国や地方自治体から交付されるもので対象となる工事や期間はさまざまです。税金の優遇制度も対象となる工事や併用が可能かどうかなどに違いがあります。東京でリフォームを行う場合は補助金や税制優遇を活用するのがおすすめです。

東京で不動産のリフォームを行うなら利用できる補助がないか調べよう

東京で不動産のリフォームを行うのであれば、工事費の一部を国や地方自治体が負担してくれる補助金や優遇税制を活用するとよいでしょう。リフォームの際に利用できる補助金は、国や地方公共団体が推進する高性能な住宅の普及などを目標としています。

対象となる工事や性能基準、期間などは制度ごとに定められているので事前にしっかりと確認してください。制度を利用したい場合には工事を請け負う会社にもあらかじめ伝えておくとよいでしょう。

地方公共団体が実施している支援制度には、居住地域によってさまざまな内容のものが存在します。東京で不動産のリフォームを考えているのであれば、地方自治体のホームページなどで詳細な制度の内容について確認しましょう。

各地方自治体では毎年異なる支援制度が実施されており、工事を希望する時点で利用可能な制度を事前に確かめることが大切です。長期優良住宅化リフォーム推進事業は、質の高い住宅ストックの形成や子育てをしやすい環境の整備を図ることを目的としています。既存住宅の長寿命化や3世代同居など複数世帯の同居の実現に役立つ工事に対し、国が必要な費用の一部を支援してくれます。

補助の対象となるのは性能を向上させるための費用や3世代同居のための改修費用、良好なマンション管理対応工事に必要な費用などです。インスペクションや住宅履歴情報の作成、維持保全計画の作成に必要な費用も対象となっています。東京で建物の改修工事を考えているのであれば、国や各地方自治体が行っている支援制度を有効に活用するとよいでしょう。

さまざまな税金の優遇措置も利用できる

建物改修工事を行う際に要件を満たすと、5種類の税金について優遇制度を利用できるので費用が安くなります。税金の種類ごとに対象となる工事や税率、他の優遇税制との併用の可否などに違いがあるのであらかじめ確認しましょう。申請先や期限も各制度で異なっており、ホームページや資料を見てもわかりにくい場合には工事会社に相談してください。

住宅を改修した場合の所得税工事には投資型減税の他にもローン型減税や住宅ローン減税があり、確定申告で必要な手続きを行えば控除を受けられます。耐震工事やバリアフリー工事、省エネ工事で居住者や住宅などの要件に違いがあるので注意が必要です。

固定資産税も一定の要件を満たせば減額を受けることができますが、工事内容によって具体的な要件に違いが見られます。父母や祖父母など直系尊属から自己の居住の用に供する住宅の新築や取得、増改築などのための金銭を贈与で取得した場合にも非課税措置が存在します。平成27年1月1日以降の贈与で住宅を取得した場合など、一定金額まで贈与税が非課税とされます。

宅地建物取引業者が住宅の改修工事を行って個人が既存の住宅用家屋を取得・居住し、取得後1年以内に家屋の所有権移転登記を行う場合には登録免許税の減額が受けられます。また宅地建物取引業者が中古住宅を買い取って住宅性能を向上させるために改修工事を行った場合にも、不動産取得税を軽減する制度があります。買取再販事業者が不動産取得税の特例措置を利用するには、改修した住宅を個人が自ら住むために取得することが要件とされます。

優遇制度を利用する場合の注意点

東京でリフォームを行う場合にはさまざまな補助金や優遇税制を利用できますが、それぞれの制度で要件が異なるので注意が必要です。補助金が受けられる工事は耐震性や省エネ性、バリアフリー性など住宅の性能を高める工事が対象となっています。

国や地方自治体でさまざまな補助金が用意されており、一般的なリフォームに利用できる補助金制度を設けている地方自治体も存在します。具体的な金額や要件は各地方自治体によって異なるため、東京でリフォームを行う場合には居住する地域の窓口で相談してください。

東京では数多くの性能向上リフォームに対応できる工事会社が活動しており、それぞれ料金やサービスなどに違いがあります。ホームページを検索するなど、居住している地域の近くで希望の条件に合った工事会社を探すとよいでしょう。

耐震リフォームに関する補助金は、昭和56年に建築基準法が改正される以前に建てられた木造戸建て住宅が対象となるケースが多く見られます。診断や補強工事の費用について一定の補助が受けられますが、各地方自治体によって内容が異なるので窓口で確かめてください。耐震診断の補助は比較的簡単に受けることができるため、昭和56年以前に建てられた木造戸建て住宅をリフォームする場合には積極的に診断を受けるとよいでしょう。

補強工事についてはさまざまな要件があり補助を受けられなかったり、時間がかかったりすることがあるので資金や時間に余裕を持って行うことが大切です。

 

東京で不動産のリフォームを行う場合には、各種の補助金や優遇税制があるので積極的に活用するとよいでしょう。各制度で対象となる工事などの要件が異なっており事前にしっかりと確認する必要があります。制度によっては要件を満たすのが難しかったり時間がかかったりすることもあるため、資金や時間に余裕を持ってリフォームを行うことが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧